シングルマザーの母子手当は自治体の支援

母子手当は自治体の支援です

児童扶養手当、すなわち母子手当は国家が日本国憲法に則って行う福祉支援です。生活保護もそうですね。これらはどこにお住まいでも、うけることが可能です。

しかしながら、生活支援については内容に開きがあります。そのままズバリと「こういう支援があります」とは言えないのです。自治体の財政によって設備が違うのですね。具体的な例としましては、公立の教育機関の授業料免除、相談窓口の開設件数、就職支援機関の対応などです。

比較的手厚く動いているのは、京都市や沖縄市です。関東では東京がやや制度が整っていますね。私は隣県の神奈川に住んでいますが、多摩川を渡るか渡らないかで福祉の内容が全く違います。神奈川県が手薄というよりは想定している需要が全く違うのです。お金は出ませんが、教育機関はしっかりしています。医療機関も多いですね。東京は、人口が多い分機能ができるのが早いのです。後は自治体の予算と子育て支援の在り方ですね。手厚い分、物価が高いというのも都市部のジレンマです。

お子さんとの日常生活は、お金や生活支援の事だけで成り立っているわけではなく、治安が良くない道に引き込まれる心配がない、教育や医療などが他のお子さんと変わりなく受けられるかどうかも大事なことです。子育て支援は自治体をあげてもしくは住民の講のレベルで行っているところもございます。孟母三遷と言いますのでもしご不自由を感じたら、出来る範囲で転居してみてもいいかもしれませんね。

母子手当
母子家庭の子供を支援するために設置されている母子手当が児童扶養手当です。 ひとり親家庭の助成金として多くの方に利用されています。